不動産売却のよくあるご質問

  • ホーム>
  • 不動産売却のよくあるご質問

question不動産売却の疑問を解決しましょう

こちらでは倉敷市の不動産会社「叶う不動産」が、不動産売却についてよくあるご質問やお問い合わせを、Q&A形式でご紹介します。

「不動産査定は無料ですか?」「査定価格で売り出さないといけないのですか?」「売れなかった場合、費用はかかりますか?」など、不動産売却にあたり何か疑問をお持ちではありませんか? 不動産売却の疑問、お悩みがありましたら、お気軽に当社までご相談ください。

よくあるご質問

準備について
Q売却か賃貸に出すかで迷っています。
A.

売却か賃貸かは、物件の状態やご事情などによって判断が異なります。ただし一般的には、将来的に住む可能性があるマンションなどの場合、賃貸に出して保有されることをおすすめします。逆に今後も住む予定がないのであれば、売却をご提案します。

Q家が売れるまで、どれくらいの期間がかかりますか?
A.

一般的に3ヵ月から半年程度を目標に営業活動を行いますが、必ずその期間で売れるとは言えません。また売買契約の後にも、購入者のローン審査に1カ月程度かかります。目安としては、ご相談からご成約、お引き渡しまでおよそ半年程度かかるとお考えください。

Q不動産査定は無料ですか?
A.

はい、無料で行います。「今すぐ売却するわけではないが、今後のために資産価値を知っておきたい」などの理由でも対応させていだきます。お気軽にご依頼ください。

Q 売却価格の途中変更は可能ですか?
A.

はい、可能です。売却活動の過程で購入希望者がなかなか現れない、または少ないなどの場合には、近隣物件の成約状況や相場などをふまえ、価格を調整するケースも多いです。

売却活動について
Q 売却活動の内容を知りたい。
A.

「REINS(レインズ)」への登録をはじめ、不動産情報サイト「住まいる岡山」や「アットホーム」への情報掲載のほか、折り込みチラシやポスティングなどさまざまな手段を用いて広く購入希望者を募ります。ご相談によって、オープンハウスを開催することもあります。

Q購入希望者は、いつ物件を見に来るのですか?
A.

あらかじめご相談して決定した日時に、当社の担当者と一緒にお伺いします。ご相談により、土日などにオープンハウスを開催して、自由に購入希望者に見ていただくことも可能です。

Q査定価格の通りにしないといけないのですか?
A.

査定価格とは、担当者が物件を調査し、近隣の相場などをふまえて算出するもの。必ずしも査定価格通りにする必要はありませんが、あまりにかけ離れた価格で売り出すと、スムーズな売却ができない可能性も。ただし、最終的に売却価格を決めるのは売主様ご自身。当社が一方的に決めることはありません。

Qできるだけ早く売りたいです。
A.

急な転勤などでとにかく急いで売りたい、という場合には、当社が直接物件を買取る「不動産買取」をご提案します。価格は仲介売却よりも低くなりますが、購入希望者が現れるのを待つ必要がないため、迅速な現金化が可能。もちろん、売れ残るリスクもありません。ただしデメリットもありますので、じっくり検討されることをおすすめします。

Q必ずリフォームしたほうがいいのでしょうか。
A.

建物が古いなど、状況によってはリフォームした方が売れるケースもありますが、一般的には事前のリフォームは不要です。買主様がご購入後、自分好みにリフォームするケースも多いためです。

Q 住みながら売りたいのですが。
A.

はい、可能です。多くの方が住みながら売却活動をされていますのでご安心ください。

Q 売却活動を近所に知られたくありません。広告を出さずに売却できますか?
A.

はい、対応いたします。お客様とご相談の上、インターネットへの掲載や折り込みチラシの配布などをせずに、独自のネットワークで購入希望者をお探しします。また当社が直接物件を買取る不動産買取も、周囲の方に事情を知られず売却できる方法の一つです。

Q広告費用はかかりますか?
A.

ホームページへの掲載や折込チラシの広告にかかる費用は、当社がすべて負担します。お客様にお支払いいただくことはありませんのでご安心ください。

税金・お金について
Q売れなかった場合の費用を知りたい。
A.

仲介売却の場合、不動産売却が成立した際に発生する仲介手数料は成功報酬。売れ残った場合の支払いは不要です。ただし、売主様側のご依頼により特別な宣伝活動を行った場合には、別途費用がかかるケースもあります。

Q売却代金をもらえるタイミングは?
A.

一般的に、契約時とお引き渡し時の2回に分けて支払われます。内訳は契約時に5~10%、お引き渡し時に残金となります。

Q売却した後には、確定申告が必要なのですか?
A.

売却した翌年に確定申告が必要です。サラリーマンで年末調整をされている方も、別途確定申告が必要になりますので注意しましょう。

Q売却した年の固定資産税はどうなるのでしょうか。
A.

固定資産税は、その年の1月1日現在の所有者に課税されるものです。そのため売却後にも納税通知書が届くことがありますが、お引き渡し日を基準日として日割り計算を行い、買主様からも該当分をいただくことになります。

相続について
Q相続で取得した不動産を売却する際に必要な手続きを知りたい。
A.

法定相続人がほかにもいる場合は、遺産分割協議を行い所有者の特定をした上で登記する必要があります。登記後には、一般の不動産と同様に売却活動を行い、売却によって得た代金を遺産分割協議の内容に沿って分割します。

なお相続の種類によっては手続きがかなり複雑になるため、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することをおすすめします。当社でもご相談に対応いたしますので、お気軽にお問い合わせください。